マンション売却の価格と専有面積の関係

マンション売却には、ネットによる査定のシステムがあります。
ネットでマンション物件に関する色々な情報を入力すれば、売却価格の目安が提示されるのです。
ところである査定サイトの場合、その入力項目の1つに専有面積があります。売却したいマンション物件の面積なのかを、入力する必要がある訳ですね。
それを入力する必要がある以上は、面積は売却価格に影響を及ぼすのではないでしょうか。
思えばマンションというのは、購入をする時にも面積が関係しているものです。
専有面積が30平米メートルの物件は2千万円で、40平米の場合は2500万円などの具合です。
という事は面積が広い物件の方が、購入価格が高くなる訳ですね。
つまり購入価格と専有面積には、比例関係が存在する訳です。
であればマンション売却の価格と専有面積にも、比例関係があると思うのです。
どちらにしてもマンション査定の際には、面積を入力する事になります。面積は、事前に調べておいた方が良いでしょう。