いつ外壁塗装をすれば良いのか?

外壁塗装を定期的にしなければいけないということは理解できていたとしても、ではそのタイミングはいつなのか?という根本的な疑問があります。
外壁塗装が家を守るために大事なことだとわかっていたとしても、外壁塗装にそれなりの費用がかかることを考えれば、そう軽々しく外壁塗装できないというのが大半の意見ではないでしょうか。

ではどんなタイミングで外壁塗装したら良いのかというと、やはり外壁の劣化が目に見えてきたときがそのサインです。
たとえば、1番大きいのは塗装の剥がれです。
ポロポロと塗装が剥がれ落ちてくるようでは、前回の塗装の寿命がきているといっても過言ではなく、そんなときは外壁塗装をしなければならないサインです。

 

また、塗装が剥がれていなくてもひび割れしていれば、それは外壁塗装をしなければならないサインです。
ひび割れしているということは、外観の見栄えはもちろん安全面でも外壁塗装をする必要があります。
こうして外壁にダメージが垣間見えたときが、外壁塗装をするサインなのです。