売却価格は相場よりも高めにしない

マンション売却では、価格設定はとても大事な要素だと思います。
例えば、売却価格の相場が2千万円のマンション物件を考えてみましょう。
そのマンションが、2,500万円で販売されているとします。
それは本来のマンションの価格相場に比べると、ちょっと割高に設定されている訳です。
マンション売却では、上記のように2,500万円で販売しないように気をつけるべきだと思います。
れはマンションを購入する側の目線で考えれば、お分かりになると思います。
やはりマンションを購入する側としては、少しでも安価な価格で購入をしたいものです。
しかし上記のような2,500万円のマンションですと、やはり割高感があるでしょう。
つまり相場価格よりも高めに設定してしまうと、マンションがなかなか売れ残ってしまいかねません。
そういうケースがありますので、マンション売却では相場を把握しておくのが大事だと思います。
まずは客観的な数字データを集めて、「自分が売ろうと思っているマンションは一体何円が相場なのか」を把握しておくのが重要と言えるでしょう。